水のトラブルへの対処方法【専門業者に依頼するのが適切な判断】

初期対応が大切です

蛇口

まずは止水栓を止めます

日頃から意識をせずに蛇口をひねれば水が出て、トイレのレバーを引けば水が流れます。突然水のトラブルが起こったとき、その対処法を知っておかないと慌ててしまい、被害を大きくしてしまうことがあります。水回りの場所によって対処方法を考えておきましょう。水のトラブルの中でトイレの水漏れが生じたとき、止水栓を止めるところから始めましょう。便器やタンクから外へ水が漏れているときには、慌ててレバーを引いてしまうと更に被害が拡張することがあります。止水栓を止めておけば二次被害を抑制して、落ち着いて次の対処を考えることができます。便器の中に異物が詰まっていて水が溢れているときには、注意が必要です。ラバーカップにより水圧を掛けて異物を流す際には、便器に蓋をするようにラップをして、中央部分に穴を開けてラバーカップを差し込みましょう。この対処を行うと、水圧を掛けた際に水が逆流して飛散しないようになります。また、水圧で奥に流せない程の異物は対処法が異なります。取り除かなければならない場合には専用のワイヤーを使用します。水道管は入り組んでいてまっすぐな棒では異物にたどり着くことができません。水のトラブルを専門に行う業者では専用の道具をいつも所持しているので、業者へ依頼する方が確実に直すことができます。止水栓を止めた後、二次被害に気を付けながら初期対応をし、普段から水のトラブルがあったときに連絡できる業者を探しておくとよいでしょう。

Copyright© 2018 水のトラブルへの対処方法【専門業者に依頼するのが適切な判断】 All Rights Reserved.